新着情報

NPO法人熊谷市身体障害者福祉会総会終了と会員募集


5月21日にNPO法人熊谷市身体障害者福祉会の通常総会が開催され、昨年度の事業報告や決算、今年度の事業計画や予算などが採択され承認されました。

障害者を取り巻く環境は日々困難を増しており、障害者差別解消法が施行実施されて尚、改善の傾向は見えておりません。

少子高齢化、特に育児の問題は大きくマスコミにも取り上げられる大きな、また大切な問題でありますが、それと同じくらい障害者の孤立化、経済的自立、高齢者の孤独死、孤老問題などほとんど手がついておりません。あきらめて死を選んでしまう悲劇も少なくない。障害者だから低賃金でいいじゃないか、短時間労働、非正規雇用が当たり前、そんなことあっていいはずがありません、雇用する側にも短時間雇用なんだし最低賃金でいいや、こんな安易な考え方がないですか?ほんとちょっとだけ周囲の理解があれば身体や心のハンデがあっても健常者と同じようにちゃんとした仕事ができるんです。もしかしたらそれ以上に・・・かも知れない。

私ども熊谷市身体障害者福祉会はまだまだ力不足です。でも誰かが何かをしないといけない、声を上げ続けなければいけない、悲劇を繰り返したくない。だから私たちはこのような問題にも真剣に取り組んでまいりたいと思っております。元気でいることが一番です、でも何かのアクシデントで元気でいられなくなるかも知れない、ほんの一瞬でいい、想像してみてください。

今年度も会員間の交流事業だけでなく、各福祉団体とも手を携えて障害者や高齢者問題にも取り組んでまいります、すべての命あるものが平穏に平等に笑顔で暮らせるように、市民の皆さんの一層のご支援ご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

新規会員の募集も随時行っております。身体や心にハンデを追っておられる方やご家族の方、お気軽にお問い合わせください。より専門的な支援を必要とされる方には、その向きに合った支援団体にパイプをつながせていただきます。どうかあきらめないで。(文責M)

2017年5月22日熊谷市立 障害福祉会館
カテゴリー:新着情報